ホームページに戻る 電話 ライン

ドローンの10の長所と短所

ドローンテクノロジーは、業界全体のさまざまな慣行を簡素化します。しかし、すべての利点にはいくつかの欠点があります。以下の無人航空機(UAV)のトップ10の長所と短所を確認し、ドローンが提供するすべてのことについて詳しく学んでください!

ドローンの利点:

  1. 安全な環境を維持する-ドローンは、安全性の向上のために頻繁に使用されます。ドローンは、そのリモートコントロール機能により、場所を監視し、起こりうる危険を伝え、石油およびガス精製所、パイプライン、フレアスタックなどの脅威的な状態を通知できます。それだけでなく、ドローン技術はリスクの高い時期に軍隊によっても使用されています。それらの機能により、リアルタイムデータを取得して、安全な環境を作成および維持できます。最近のロシア・ウクライナ戦争のように、ドローンの使用がたくさんありました
  2. コスト削減テクノロジー–ドローンがより広く利用可能になるにつれて、それらの価格もよりポータブルになる傾向があります。現在、人々は仕事のためだけでなく娯楽のためにもドローンを購入しています。ドローンは、もはや軍隊、法務当局、またはエリートのためだけのものではありません。ドローンは、商用利用の多くの消耗品や航空機や船舶に取って代わるため、多くのコスト削減を実現できます。たとえば、ドローンは、検査に使用される航空機よりも購入、保守、燃料補給の方が経済的です。さらに、はしご、高所作業車、その他の重機を借りる必要はありません。
  3. 航空画像の品質–
    空中写真最先端のセンサーを備えた高解像度カメラで、ドローンは素晴らしい写真を撮ることができます航空写真、航空ビデオそして、多くの正確なデータを蓄積します。取得したデータは、完全な分析のために詳細な3Dマップと3Dモデルに変換されます。 3Dマッピングは、被災地の亀裂、損傷、またはその他の危険な要素を明らかにする場合に特に関係があります。ドローンは、高解像度の画像や4Kビデオ機能と組み合わせると、エンターテインメント、個人的、政治的、世界的な問題などの主要なイベントをライブストリーミングすることで知られています。
  4. 正確-ドローンはソフトウェアで使用されています GPS(全地球測位システム)、それが、それらをプログラムして特定の場所に正確に向けることができる理由です。たとえば、精密農業では、ドローンは、農薬散布、雑草の識別、作物の健康状態の監視、作物の損傷、作物の評価、畑の土壌分析、灌漑の監視など、多くの農業タスクを実行するために使用されます。 GPSを介したこの正確な機能により、農家は時間とお金を節約できます。
  5. 制御または展開が簡単–ドローン制御技術の定期的な進歩により、オペレーターは、技術的なバックグラウンドが比較的少ない場合でも、ドローンを迅速に展開して運用することができます。さまざまな目的で利用できる多数の低コストのドローンを備えたドローンは、幅広いオペレーターに開放されています。無人航空機(UAV)は、全方向の可動範囲が広く、高度が低いため、有人航空機に比べて楽に航行できます。
  6. 安全性-ドローンの長所と短所を比較検討するもう1つの利点は、中心的なセキュリティです。関連する許可とライセンスが設定されていると、ドローンオペレーターは無人航空機システム(UAS)を利用して、民間組織、潜在的なサイト、およびその他の費用にセキュリティと監視を提供できます。ドローンは、自然災害から信頼できる情報を収集して、安全と復旧の取り組みをサポートすることもできます。
  7. 明らかな危険と健康上のリスクを最小限に抑える–ドローンのサポートにより、高度、風、天候、放射線など、これまで乗組員が経験した多くの危険が、より実現可能で安全な代替手段に置き換えられました。ドローンは、石油およびガス精製所、フレアスタック、パイプラインなどの背が高く複雑な構造物の直接かつ安全な検査を容易にします。
  8. 詳細で詳細なデータ入力–多数のドローンモデルが障害物回避機能を備えて市場に出回っています。建物のすぐ近くで操作できるため、正確なデータを取得できます。高解像度の画像または4Kビデオをキャプチャして、肉眼では検出できない亀裂、損傷、ワイヤーのずれ、その他の欠陥を明確に示します。ドローンは、会社の検査官を危険にさらすことなく完全なデータを取得できます。
  9. クイックチェックの柔軟性–ドローンにはさまざまな仕様があるため、高高度または低高度の検査を提供できるものもあります。これらの機能の多様性により、お客様はプロジェクトに合わせてツールを簡単にカスタマイズできます。ドローンは日常的な状況と緊急事態の両方に適しており、建設業界はこれらの利点、特に屋根の検査用の建物開発者を観察しています。ドローンは、高品質の写真、ビデオ、熱画像などのキャプチャなど、さまざまなタスクを実行できます。このデータは、時間のかかる従来の方法ではなく、すぐに転送および処理されます。
  10. 危険地帯に到達する–ドローンは、到達困難な場所から有効なデータを取得することを業界の専門家にとって簡単なものにします。これは、特に放射線モニタリング、高圧線の検査などの危険な状況において、労働者の安全に関する従来の方法の制限を克服するための最も適切な代替手段です。ドローンはまた、これらの場所を検査するより費用効果の高い方法を可能にします。

法律上および専門的な航空写真サービスが必要な場合は、お問い合わせください

ドローンのデメリット:

  1. プライバシー-ドローンのメリットは無限大ですが、ドローンテクノロジーにはいくつかのデメリットもあります。ドローンはすぐに操作の餌食になり、グループや個人のプライバシーを侵害する可能性があります。多くの人が安全を保つためにドローンを使用したいと思っていますが、それは公安の名の下に多くの個人の自由を侵害する可能性があります。
  2. 立法上の不確実性–無人航空機(UAS)の使用が一般的になりましたが、業界の新技術であるため、法律はまだ開発中です。マイクロドローンの設置の詳細は、商用およびレクリエーションのアプリケーションにも適用されますが、いくつかの面であいまいなままです。ドローンの動きと空中侵入物の保護を管理する規則はまだ開発中です。したがって、ドローン技術は司法の灰色の領域にあります。政府の規制と空域の所有権を管理する州または市の法律との間には多くの摩擦があるため、ドローンのオペレーターは知らない規則に違反している可能性があります。
  3. 安全性-安全性は、ドローン技術を運用する際の優先事項の重要な要素です。高品質のセンサーを搭載したドローンは、衝突の可能性を特定して安全に迂回できるため、重要な機能です。これらのドローン機能は、有人航空機ナビゲーターの機能と同様である必要があります。空中ドローンをクラッシュさせることなく操作できるプロのドローンサービスプロバイダーを雇うことは称賛に値します。人口密集地域で運用されているドローンは、主にシステム障害やハッキングが原因で、地面への衝撃や損傷のリスクが高くなります。
  4. ソフトウェアの問題または不具合–過去に多くのドローンが民間人に武器を発射し、誤動作やソフトウェアのバグにより多くの死傷者や損失を引き起こしました。ドローンの事故は、他の軍人の安全にも影響を与える可能性があります。ドローンは、人命の健康と安全に影響を与える可能性のある事故や危険を制限するために、まだ改善の過程にあります。
  5. 野生動物に対して脆弱-ドローンは野生生物に対して脆弱であり、時には自然にとって危険です。ドローンのオペレーターが野生生物の多い地域を飛行すると、木に衝突したり、脆弱な動物と衝突したりする可能性があります。ワシのような大きな飛んでいる鳥は、重要なデータのために彼らの空間で動作しているドローンを攻撃したり、捕獲したりすることがよくあります。
  6. スパイ-スパイ多くの犯罪者は、犠牲者を標的にして追跡するための戦術としてドローンを使用しています。露骨なプロペラノイズはもはや問題ではなく、邪魔にならず、犯罪者が誰かのプライバシーを侵害することを可能にします。熱センサーと夜間センサーを備えた多くのドローンは、生命の兆候を識別し、スパイが現在関心を持っているターゲットを効果的に標的にすることができます。ドローンは正確なデータを取得できるため、日常の習慣を記録し、許可なく疑わしい活動を特定することができます。
  7. ハッキングが簡単–ドローン技術の開発の重大な欠点は、その脆弱性です。ハッカーはドローンの中央制御システムをすばやく攻撃し、ドローンの元のコントローラーになることができます。マスター制御システムには、ハッカーが最初のオペレーターの知識なしに回避するために重要な重要な知識が含まれています。ハッカーは、個人情報にアクセスしたり、ファイルを破壊または損傷したり、許可されていない第三者にデータを漏えいしたりする可能性があります。
  8. 天候による–ドローンは、従来の航空機よりも気象条件の影響を受けやすくなっています。たとえば、気候条件が好ましくない場合、ドローンは適切に操縦したり、信頼できるデータや画像を収集したりすることができなくなります。ただし、一部のドローンはより安定しており、突風にうまく耐えることができます。
  9. 知識とスキル-前述のように、正確で高品質のデータを取得するために必要なスキルが必要です。仕様では、平均的な農家は、農業データを収集、処理、分析するために、完全なトレーニングまたはサードパーティのドローンサービスプロバイダーが必要になると述べています。業界のオペレーターの規模が拡大するにつれて、ドローンのコストとそれに伴うリソースの支出は徐々に減少します。
  10. 遅いデータ転送–精密農業におけるドローン技術のスケーリングの欠点の1つは、データ転送速度です。これには1週間かかると考える人もいます。データ転送に必要な時間が農民の生産性の低下や肥料、作物、農薬の損傷につながる場合、ドローンの操作は最終的には無駄になります。そのため、データ転送速度が遅いと、この間に痛みや損傷が発生する可能性があり、すべての努力が無駄になります。

Zhenheを選ぶ理由:

  • 私たちは創造的で豊かな写真撮影の経験を持っています:空中カメラを操作するとき、Zhenheは飛行中に最高の写真を確実にするために常に2人がいますが、飛行の安全性を無視することはありません
  • 私たちは効率的です:私たちのケースのほとんどは48時間以内に完了してクライアントに送信されます
  • すべてのドローンには保険がかけられており、すべてのパイロットは民間航空局からの証明書を持っています

Zhenheについて:

コアバリューは、統合、整合性、プロフェッショナリズム、イノベーション、顧客の視点からの問題の考え方、ユーザーとオーディエンスの考えられる反応の考え方、継続的な調整後の最も完全なソリューションの提供です。

カスタマイズされたサービスについては今すぐお問い合わせください

あなたの愛を共有する

返信を残す