ホームページに戻る 電話 ライン
ドローンを使用した建設図

ドローンを使用した道路建設とモニタリング

最も単純な意味で、道路建設とは、安全で安定した道路、橋、高速道路を提供する舗装材料の科学と工学を指します。ただし、道路建設は1回限りのプロセスではなく、道路の維持管理と維持管理措置の定期的な追跡です。土木技師は、生産および保守コストの増加、指定された道路開発時間の超過、作業リソースと労働力の不必要な遅延など、制御可能または制御不可能な要因によって悪影響を受けることがよくあります。

無人航空機(UAV)は、道路の建設と保守の代替プロセスです。スムーズな操縦性、高速でタイムクリティカルな結果、正確な測定、徹底的かつ詳細な測定という利点を備えたドローンまたは無人航空機は、従来の手順に代わる適切で便利な方法であることが証明されています。全体として、テクノロジーの出現は、そうでなければ私たちの想像力に限定されるであろう多くの可能性と革新をもたらしました。ドローン技術は、その専門性により、建設業界の再建に貢献し、素晴らしい成果を上げています。

建設業界がドローンデータをどのように使用しているか

革新と進歩の最前線にあるテクノロジーは、あらゆる業界に関連する複雑さを単純化するためのドローンの需要とアプリケーションを引き付けています。また、建設業界を推進するドローンテクノロジーは、創造的な手法を使用して業界をより高いレベルに引き上げます。ドローンの採用は、239%の成長率で、道路建設において大きな進歩を遂げました。これにより、アプリケーション業界の発展が促進されます。

この分野で複数の利点があるドローンは、高速道路測量、正確なマッピング、時間に敏感な土地測量、およびその他の多くの道路管理活動を提供します。これらおよび関連する操作は、ドローンデータの並外れた品質と精度によって可能になります。航空測量、マッピング、およびデータ処理から収集された視覚データ、コンテンツ、および測定値は、LiDAR(光検出および測距)センサーと人工知能の自動化およびテクノロジーの影響を受けて飛躍的に進歩しました。空中マッピングと測量は、このデータを記録するのに役立ちます。このデータは、後の段階でドローンによって処理され、正確で正確な測定値と情報が生成されます。ドローンのデータ収集と処理の最大の利点は、その空中マッピングの速度であり、これが最終的に橋の検査と道路建設を決定します。

ロードマッピングにドローンを使用する利点

効率とパフォーマンスの高度で完璧な表現である無人航空機(UAV)は、持続可能で効率的な道路建設、高速道路インフラ管理、橋梁検査、道路管理業務の鍵です。ドローンは新時代のテクノロジーを搭載しており、さまざまな状況で役立ち、リスクの高い監視や多くの同様のアプリケーションにとって特に重要です。

オンデマンド画像取得

ドローン画像は、定性的なビジュアルコンテンツや航空写真を取得するのと同等の多くの利点をもたらします。オルソモザイクによる測量とマッピングは、インスタントで高解像度の空中映像に不可欠です。バーチャルツアーとドローン画像の見通しは、ウォーキングランド調査よりも高揚しています。ドローンが受け取る鮮明さは、オンデマンドの航空画像、ドローンデータ、および映像で比類のないものです。

正確で包括的なデータ

ドローンテクノロジーとその強力な機能により、航空写真や映像を簡単に表示できます。これには、土地や道路の調査から収集された高速で信頼性の高いデータを提供するドローンの機能が含まれます。建設業界のスペースの技術的限界を押し上げることは、データの取得、処理、検証の利点をもたらし、3D道路マッピングを通じて有用な情報を抽出します。その結果、ドローンとドローンは、ドローン調査によって取得されたキーと情報を非常に高速に取得できます。

コストと時間を節約

建設業界とほとんどの道路建設が直面している最も重要な課題は、時間と生産コストです。重要なのは、80%ビルが規定の時間内にプロジェクトを完了できず、価格が上昇したことです。仕事の遅れは、予期せぬ不測の事態に起因することがよくありますが、主に人的資源、設備とギア、機械、使用説明書などのリソースの不足が原因です。指定された建設を予定時間内に完了しなかった場合、製造コストが増加するだけです。ドローンは、高速データ収集、高速マッピング、および時間に敏感な結果により、これを簡単に排除できます。それらの素早い動きは、即時の結果と時間とコストの節約のための簡単な操作性を可能にします。

メンテナンスと資産検査

道路の管理と保守には、道路、高速道路、橋の健康と福祉を確保するための多くの要素が含まれているため、面倒なプロセスになる可能性があります。完全な建設は高速道路の福祉を正当化するものではなく、維持管理の肩にかかっています。これらの目的のためのドローンの採用は、ケアの課題とこれらの欠点を軽減したいという願望に光を当てます。ドローンの流動性と器用さは、修理が必要な領域を簡単にキャプチャして特定し、修理サービスを提供するのに役立ちます。資産検査では、ドローンを使用して障害を詳細に調査する新しい方法が見られました

プロジェクト後のドキュメント

ドローンは、道路の建設、高速道路のインフラストラクチャ、橋の検査など、さまざまな操作で重要な役割を果たすことが証明されています。各プロジェクトは、建築モデルを実現するのに役立つ豊富なドキュメントとレポートを中心に構築されています。ドローンアプリケーションは、空中映像とコンテンツの観点から各建物の詳細を明らかにするのに役立ちます。ドローンは、道路や橋の鳥瞰図からこれらの重要な詳細を簡単に検出するのに役立ちます。特殊なデータ処理機能を介してドローンから収集されたデータは、さらに決定するための文書化に使用されます。これにより、ドローンによる道路のマッピングと測量にかかる時間を節約できます。

道路インフラ管理

道路の維持管理と高速道路のインフラ管理におけるドローンの役割は、建設業界の基本的な側面に触れているため、比較的重要です。空中映像はこれらの領域で利点があるようであり、実質的な結果を達成するのに役立ちます。

橋梁点検

ドローン技術とその進歩は、マッピングなどの優れた手段であることが証明されています。これらの車両の動的な性質により、あらゆる角度からの橋梁検査が可能になります。ドローンの採用により、小型で機動性に優れた遠隔地での検査や測量を征服することができました。ドローンに搭載された高解像度のカメラとセンサーは、あらゆる角度から詳細で焦点の合った画像やビデオをキャプチャし、撮影するのに役立ちます

舗装状態と道路ハザードモニタリング

道路の混雑は通常、多数のファウル、スピード違反の車両、大型車両、事故などの合計です。これらの不快な出来事は、道路の苦痛の監視の緊急の必要性を引き起こしました。無人航空機(UAV)は、道路の検査や修理の疲れるプロセスをスムーズにします。ドローンは、監視、マッピング、マッピングなどの操作を通じて、マッピングに役立つデータを収集します。さらに、損傷した領域と詳細を記録します。識別されると、ドローンは小さなツールとメンテナンスギアを提供する任務も実行します。このようにして、悪化している道路状況を継続的に監視、チェック、修復することができます。

コリドーマップ

UAVの普及は、主に航空写真と画像用のUAVの機能によるものです。このようにして、広い範囲の土地と道路を一度にカバーすることができます。労働者の安全と、他の方法では考慮されない可能性のある遠隔地へのアクセスについての効果的な認識を示します。ドローン技術は、道路建設のこれらの側面を提供する上で非常に賢いです。

ロードマップの成果物

オルソテッセレーション

ドローンによってキャプチャされたコンテンツは、画像の復元、ハイライト、マッピングなどの画像処理要件に非常に熟練しています。ドローン画像は、正確さと詳細を描写する視覚的なオルソモザイクを作成するために使用されます。より良い建設品質のために、これらの地図、タイムリーな作業進捗状況などの形で私たちに提供された道路建設を追跡することが可能です。

3Dモデル

ドローンテクノロジーを使用して、リアルタイムでキャプチャされた空中映像をペイントし、建物モデルの認識と目的を強調します。 3Dモデルは、豊富な道路建設および保守ソリューションのための3D参照、プロトタイプ、および同様の注釈の作成を容易にします。

Zhenheを選ぶ理由:

  • 私たちは創造的で豊かな写真撮影の経験を持っています:空中カメラを操作するとき、Zhenheは飛行中に最高の写真を確実にするために常に2人がいますが、飛行の安全性を無視することはありません
  • 私たちは効率的です:私たちのケースのほとんどは48時間以内に完了してクライアントに送信されます
  • すべてのドローンには保険がかけられており、すべてのパイロットは民間航空局からの証明書を持っています

Zhenheについて:

コアバリューは、統合、整合性、プロフェッショナリズム、イノベーション、顧客の視点からの問題の考え方、ユーザーとオーディエンスの考えられる反応の考え方、継続的な調整後の最も完全なソリューションの提供です。

カスタマイズされたサービスについては今すぐお問い合わせください

あなたの愛を共有する

返信を残す