ホームページに戻る 電話 ライン

空のオークション会社の選び方

一緒に仕事をする航空写真会社を探しているかもしれません

適切なドローンサービス会社を選択するにはどうすればよいですか?

無人機或者是一般稱呼的空拍行業有各種各樣的應用層面以及技術組合,除了我們一般常見的形象影片拍攝、廣告影片拍攝、宣傳影片、建案影片、 銷售影片、活動記錄、空拍全景、空拍土地外,還可以利用無人機(空拍機)來做建築觀測、土地量測、虛擬實境、救災、建模等 。但如何選擇一家適合的空拍公司非常重要,沒有做出正確的選擇可能導致服務內容和品質的問題

新竹振禾空拍擁有多年的空拍與量測經驗,並且一切按照民航局與縣市政府規範,讓您無後顧之憂

区別無人機飛手ドローンサービス会社は重要です、前者は通常、ドローンの飛行や写真やビデオの撮影以外の専門知識が限られており、通常は余暇にレジャーで飛行します。台湾の現在の保険会社は、自然人にドローン保険を提供していません。

後者擁有多名在各個領域具有專業知識的飛手,並且每一台無人機都擁有民航局規定的保險

以上是在台灣選擇無人機服務公司時的一些主要考慮因素

彼らはCAAライセンスを持っており、熟練していますか?

民間航空局は、商業目的で飛行を希望するドローンパイロットが保持することを要求しています民間航空局ドローンライセンス。この認証により、パイロットは無人航空機(ドローン)の操作と安全慣行に関するすべてのCAA規則と規制を確実に理解できます。

這個證書的重點不在於評估過往影視作品或攝影作品,而是評估一個無人機飛行員是否有能力安全飛行,並在遇到緊急狀況時有能力處理

選擇空拍機與空拍公司

事故が起こった。彼らは適切な保険に加入していますか?

發生事故的可能性很低,但是我們舉個例子,您會開一台沒 有保險的車子嗎?

您應該確保承作的公司有足夠的無人機責任保險單,涵蓋財產損失和人身傷害。在發生事故時,不僅針對無人機公司而且針對無人機公司的客戶採取法律行動是很常見的。在某些情況下,客戶可能會要求無人機公司提供保險證書,其中客戶的姓名與無人機公司一起也在保單上。

最新的線上賞屋案例分享

如果有任何空拍的需求歡迎與我們聯絡

https://lin.ee/pylVzP8